男の育毛剤を選ぶポイント

ヘアケアは早いうちから

くせ毛の悩みに対策を考える

くせ毛はダイエットが原因になるように、なにげない日常習慣が影響していることが様々に考えられます。

しかし明確にこれが原因だから改善しましょうというものは、ダイエット以外では正しいヘアケア習慣の継続ということになってしまいます、

だから、くせ毛対策としてもヘアケア習慣を見直すだけでも、改善面が見つかるかもしれませんよ!

 

くせ毛対策1:ヘアケア用品

くせ毛対策として、もっとも有効的なものはヘアケア用品の見直しです。

日常のシャンプー習慣に利用するシャンプー剤や、トリートメントがくせ毛の原因になっていることが考えられます。

できるだけシャンプーもトリートメント、コンディショナーまで無添加が理想です。

それからコーティング剤がくせ毛の原因と考えられ、ノンシリコンシャンプーの人気の高さはここに秘密が隠されているのかも!

さらにヘアケア用品を選ばないと頭皮がアルカリ性となることが考えられ、毛根の汚れとして老廃物が蓄積されてしまい、くせ毛の原因を作ります。

つまりテレビCMでも流れますが、素肌は弱酸性となります。

もちろん頭皮も弱酸性を保つことで老廃物が排出され、汚れとして洗い流すことができます。

だから石油製の石けんはもともとアルカリ性ですから、弱酸性のアミノ酸シャンプーが使い続けるには理想的です。

 

くせ毛対策2:シャンプー後のケア

一番のくせ毛の原因と考えられるのは、シャンプー後に髪が濡れた状態で眠ることです、

例えば真夏でドライヤーを掛けるのが苦痛と感じるなら、タオルドライでも就寝前に乾かすことは可能でしょう。

但し、タオルドライの場合は早めにシャンプーするというのが必須ですから、就寝直前にシャンプーというのが習慣だと難しい条件になります。

帰宅後すぐシャンプー、それからすぐ眠らない時間があれば、だいたいどの程度で乾くのかと知っておくとタオルドライでも対応できます。

でもタオルでゴシゴシ拭くのは厳禁ですから、あくまでも優しく包んで頭髪の水分をとるようにしてくださいね!

 

くせ毛対策3:ドライヤー

シャンプー習慣を考えると、どうしてもドライヤーを使って乾燥というのが一般的なヘアケアです。

これは早く乾かすことで、水に濡れて開いているキューティクルを閉じさせるのが、ドライヤーの役目になります。

但し、キューティクルはウロコ状になり、法則性があります。

その仕組みを理解してドライヤーを使用しないと、キューティクルを傷つけることになり、まったくヘアケアの意味がありませんよ!

つまり髪の流れに沿うのが、キューティクルを傷つけないドライヤー使用の必須条件です。

だいたい15cmは離して、根元から毛先に風を当てるのが基本ですよ!

これを守らないだけでもキューティクルは傷ついてしまい、それから熱を特定の場所に溜めないように、ドライヤーを左右に振ると効果的です。

そして根元から手ぐしを通すつもりで、もう一方の手を使用しながらドライヤーを当てましょう。

最後にブラッシングをして、これで日常習慣のヘアケアはくせ毛対策として充分ですよ!


代表的なくせ毛の症状と原因

女性を中心に、特に髪の悩みとして挙げられそうなのが、くせ毛について。

しかし問題のないレベルでも、くせ毛を悩みしてないか、少々冷静な視線を自分の髪質に向けてくださいね。

もともと日本人は直毛の髪質となる民族といわれるはずが、それに対して女性がくせ毛を訴える率を考えると、ほとんどがくせ毛となってしまうくらい!

そうなると悩みにするレベルではないという髪質まで、くせ毛を悩みにしてないと比例しない印象です。

理想の髪質とは違うからと、それが髪の悩みになるのか、くせ毛についても問題のないレベルでも縮毛矯正してないか?

代表的なくせ毛の症状と、原因について探ってみましょう!

 

【くせ毛の症状】

波状毛のくせ毛:毛髪1本で見ると波打つ状態になり、いわゆるウェーブが掛かります。

ウェーブは様々ですが何か月も、もしかしたら何年単位でもパーマをしてないのに、ウェーブとなる髪質。

 

捻転毛のくせ毛:一見はくせ毛の印象を与えませんが、毛質1本で見ると捻じれが続きます。

ウェーブではないのですが、いわゆるネジネジしたままの形状で頭髪が伸びます。

 

連球毛のくせ毛:毛髪1本で見ると太さに均一感がなく、さらに捻転毛のようにネジネジがあり、その上にバラつきがあるのでデコボコした感触です。

あまり長く伸ばせずに、縮毛矯正が難しい髪質です。

 

縮毛のくせ毛:いわゆるクセが強くて、黒人の髪質に近い縮れ方をしています。

よく見ると捻じれが強く、さらに細かいことで、1本ずつにも変形が見られるくらい。

またスパイラル状になるタイプもあり、クセによってはパーマに見せられるのに、多くが縮毛矯正をする毛質になります。

 

【くせ毛の原因】

遺伝:くせ毛は優性遺伝とされることからも、原因は遺伝が一番の原因に考えられます。

だから両親の一方がくせ毛なら、7割で遺伝するとみられます。

そうなると、くせ毛の原因となりやすいので、日本人でもくせ毛が多くなっていくことは自然な流れかもしれません。

 

毛根:これは毛根に奇形があり、毛髪が真っ直ぐに伸びない症状が、くせ毛になりやすいとみられます。

 

日常習慣からシャンプー:シャンプー剤やトリートメントに使用される添加物が毛穴の詰まりとして、くせ毛の原因になることも。

同様に皮脂汚れも毛穴に詰まると、くせ毛の原因になる可能性があります。

 

日常習慣からダイエット:ダイエットにより頭皮に栄養がいかなくなることも、くせ毛の原因になるとみられます。

だからダイエットにより髪も痩せてしまうことを忘れないで、ダイエットを繰り返すことにより連球毛のくせ毛になりやすいという説がありますよ!

もしダイエットをする場合に髪質に変化を感じたら、そのまま続けるべきかと充分に検討してください。

 

くせ毛の原因は様々に考えられるとしても、この原因から特定のくせ毛の症状になるという法則性はみられません。


やっぱり即効性のある育毛剤を選びたい

育毛剤を選ぶ時には、即効性のあるものを選ぶことが大切です。ここではその理由と、どのような育毛剤は即効性があるのかということを解説します。

■人間は、すぐに効果が出ないと継続できない
「継続は力なり」という言葉は誰でも知っていますが、現実にはほとんどの人が出来ません。それはなぜかというと、人間はすぐに効果が出ないと、継続が出来ないからです。これは心理学的にも証明されており、人間は、行動したことの結果が60秒以内に出ないと、そこからすでにモチベーションダウンが始まるのです。

なので、頭皮ケア商品を1ヶ月や2ヶ月使って効果が出ないと、辞めたくなってしまうのは当然なのです。3ヶ月程度はかかるとわかっていてもやめてしまうのが人間なのです。

そのため、出来るだけ即効性のある育毛剤を選ぶ必要があります。もちろん、すぐにふさふさにならなくてもいいのです。何かしらの効果がすぐに見えるものを選ぶ必要があります。

■浸透力の高い育毛剤を選ぶ
しかしここで問題なのは「効果がすぐ出るものは危険」ということです。これは言うまでもありません。薬などでもそうです。人間の体が変化するには、本来ある程度の時間がかかります。それを強引に短時間で変化させようとすると、その時間が短ければ短いほど体に害を与えます。その典型がドラッグですが、そのように「即効性のある成分」を利用することは、極めて危険なのです。

つまり、「成分による即効性」は求めてはいけない。では、何による即効性ならいいのかというと、それが「浸透力」です。浸透力は、成分という化学の分野ではなく、「物理」の分野で解決することが可能です。

■例えば、サントリーのナノインパクトなど
典型的な例がサントリーのナノインパクトです。これはナノという名前がついていることからもわかるように、ナノテクによって非常に細かい粒子を生成しています。毛穴の1000分の1という極めて小さいサイズですが、これなら確実に短期間で浸透していくのです。

同じ成分であってもこのように圧倒的に浸透しやすいものを利用することで、効果が早く出るようになります。成分をいじくって即効性を出すのは危険ですが、このように「サイズを小さくするだけ」なら、人体に危険なことは何もないのです。

即効性もあり安全で健康的。このような相反するものを両立させたサントリーのナノインパクトは、実に革命的な商品であると言っていいでしょう。即効性を期待する方は、ぜひ試してみてください。


頭皮や髪にやさしい育毛剤を選びたい

育毛剤を選ぶ時には、「頭髪や頭皮にやさしい成分」が配合されているかどうかもチェックする必要があります。即効性なども大事ですが、やはり成分が頭皮にやさしいということが何よりも大切だからです(でないと、育毛剤で頭髪にダメージを与えてしまっては、本末転倒です)。ここでは、どのような育毛剤が頭髪、頭皮にやさしいのかということを解説します。

■基本は天然素材
何でもかんでも「天然素材」「オーガニック」で聞き飽きたと思う人もいるかも知れませんが、実際これが一番体にいいことは間違いありません。人工的なものは即効性を出すに0はいいですが、やはり長く健康を保つことを考えたら、天然素材が一番いいのです。

育毛剤によく使用される天然素材にはどのようなものがあるかというと、例えばキダチアロエ、ローズマリー、ラズベリーケトンなどが挙げられます。これらはあくまでほんの一部であり、まだ真剣にカウントすれば100を超える天然素材が見つかることでしょう。

■保存料不使用は危険
こうした「天然」「無添加」のブームに乗っかって、最近は「保存料不使用」などのことが書かれた化粧品や育毛剤などもよく見ます。しかし、こうしたものを使用するのは危険もあります。

というのは、保存料というのは名前の通り「保存するために必要なもの」なのです。これがなくなるとどうなるかというと、その育毛剤や化粧品が腐敗したり酸化してしまったりして、逆効果になってしまうのです。そのようなものを体に塗ったらどうなるかは想像がつくでしょう。

もちろん、これらを管理するための冷蔵庫を利用したり、真空のボトルで保管するなどの本格的なことをしている人であれば、保存料不使用でも問題はなく、無添加である分効果的であると言えるでしょう。しかし、多くの人はそこまでせず、普通に常温で保管しているはずです。そのような場合は、まず確実に保存料が必要です。なので、保存料不使用の商品は、気をつけるようにしましょう。

■違う育毛剤を同時に利用しない
出来るだけ早く効果を出したい、どれが自分に有効かわからないから全部試したい、という理由で違う育毛剤を同時に使ってしまう人もいます。しかし、これは辞めましょう。それぞれの成分が頭髪、頭皮にやさしいものだったとしても、同時に使うと効果が消えてしまったり、場合によっては悪影響があるということもあるからです。洗剤の「混ぜるな危険」ではないですが、それと同じことは、すべての成分で起こり得るのです。

なので、使用するのは必ず一種類ずつにしましょう。


臭わないベタつかない育毛剤を選びたい

育毛剤の中には、ベトついたり臭いがしたりするものもあります。ここではそのようなものを利用して失敗した人の体験談と、そうしたべとつきや臭いのない育毛剤を選ぶ上でのポイントを紹介します。

■ベタつき、臭いのある育毛剤を利用した人の体験談
育毛剤にも色々種類があるということを、今の自分はよく知っていますが、使い始めた頃の自分はまったく知りませんでした(というか、一応知っていましたが、調べるのが面倒臭かったし、時間もありませんでした)。

当時は、今と違ってネットがありませんでした。いや、あったかも知れませんが少なくとも私の周囲に使っている人はいなかったし、私もあったとしても使えなかったでしょう。なので、今よりも圧倒的に情報が少ない中で、育毛剤を選ぶ必要がありました。

で、初めて使用した育毛剤はかなりべとつきと臭いがあり、最初抵抗があったのですが、「まあ、育毛剤というのはこういうものなのだろう」と思い、そのまま使っていました。

しかし、どうもその臭いは周りの人にとっては不快なものだったらしく(というかわたしも好きではなかったですが)、満員電車の中などで、周囲の人に明らかに不快がられました。会社の女子社員にも不快がられることがあったので、これはまずいと思い、まだ中身がたくさん残っていてもったいなかったけど、その育毛剤は使わないことにしました。

その後、出来るだけ臭いのない、ベタつきのない育毛剤を利用するようにしてきましたが、年々その部分は改善されているなという気がします。長年育毛剤を利用しているベテランから、今の若い人(といっても40歳などかも知れませんが)に伝えたいのは、あなたたちは比較的恵まれている、ということです。

■べとつかない、臭わない育毛剤を選ぶポイント
上の方の体験談のように、こうした育毛剤を選んでしまうと、周りの人を不快にさせてしまう恐れがあります。べとつきはまだしも、臭いはやはり迷惑になることもあるので、まずは臭いをカットするようにしましょう。

そのために重要なのは「無香料」と書かれているものを選択することです。香料には様々な成分があり、素人ではわかりません。しかし無香料と明記されていれば、その商品の原材料に書かれている成分すべてに、臭いが含まれていないということなので安心です。

べとつきについては、いろんな成分がその元となっているので、これは個々の商品についてチェックするのが一番です。宣伝の中に「べとつかない」と大きく書かれていれば信用していいでしょう。


経済的に高くない育毛剤を選びたい

育毛剤を選ぶ上で重要なポイントはたくさんありますが、忘れてはならないのが「値段」です。現実的なことをいうようですが、これはすべての買い物や人生の決断において重要です(人によっては、結婚相手すらそれで決めることがあります)。このように重要なコスト面ですが、重要な理由、見るべきポイントなどを解説していきます。

■経済的な育毛剤であれば続けやすい
育毛剤でもサプリメントでも効果が出るには一定の時間がかかります(すぐに効果が出るようなものは基本的にドラッグと同じですから、逆に危険な商品です)。なのでどうしても継続する必要があります。

しかし、多くの人が人生の中で痛感しているでしょうが、人間は何かを継続するということが非常に苦手です。続けるというだけでも難しいのに、そこに経済的負担まで加わったら、やめる理由はさらに増えてしまいます。なので、まずはお金の負担だけでも軽減する必要があります。なので、経済的な育毛剤を選択する必要があるのです。

■経済的な育毛剤とはどのようなものか?
では、どのような育毛剤なら経済的なのかというと、これは簡単なようで難しい質問です。「安いのを選べばいいんだろ?」というのは間違いです。言うまでもないですが、いいものは高いのです。単純に安さだけで選んだら「ただより高いものはない」のように、お金を払っても結局何の効果もなく、むしろ逆に高くついたということになりかねません。なので、あくまで効果をしっかり考えた上で、かつ経済的なものを選ぶ必要があるのです。

これについては、それぞれの育毛剤の評判や広告の内容をしっかり吟味する、ということももちろん大事です。しかし、ここではもっと役立つアドバイスをしましょう。

■まとめ買いの割引率が高いものを選ぶ
「いいものは高い」という法則から逃れることが出来ないなら、「いいもののまま安くする」ことを考える必要があります。そのために有効なのが「まとめ買い」です。まとめ買いによる割引は多くの育毛剤が実施していますが、これであれば品質は高いものを選んだまま、値段は安くすることができます。

もちろん、これをやるにはリスクも伴います。まずまとまったお金(といってもせいぜい数万円ですが)を持っている必要がありますし、万が一効き目がなかった場合に、残っている分が無駄になってしまうということもあります。

なので、まずは最初のトライアル商品で試してみて、評判などもチェックしてみて、これはいけると確信してから一気にまとめ買いをするようにしましょう。これが一番経済的な方法と言えます。


毎日続けられる簡単な育毛剤を選びたい

よく「自分は面倒くさがりなので…」という人がいますが、人間は誰でも面倒くさがりです。人間の発明のすべては、人間の面倒くさがりな性格から生まれたものです。

育毛剤で効果を出すには、とにかく継続することが命です。一日も空けずに毎日コツコツと使用を継続する必要があります。それをやる上で重要なのが、上に書いた「人間は面倒くさがりである」という前提に立つ、ということです。

■とにかく面倒なステップを省く(簡単に塗布できるものを選ぶ)
人間が何か行動をする時、必ず「ステップ」があります。例えば私は今パソコンでこの文章を書いていますが、この時のステップは「電源を入れる」「ワードを開く」「入力する」となります。つまり「3ステップ」あります。前半の2ステップは大したことが内容に思われますが、これをする10秒や数秒の間にも、人間の集中力とか興味というものは、簡単に逃げていきます。

これは育毛剤の使用でも同じです。途中のステップが多ければ多いほど、人間はその動作を思い出した時面倒くさく感じます。そして「あ、今日も育毛剤やらなきゃ」と思った時も、その動作をイメージして、「あとでいいや」となり、結局はやらないということになってしまいます。

しかし、ここでイメージする動作が簡単であれば、「まあ、すぐ終わるし、やるか」という気分になります。そして、毎日そうやっているうちに、体がその動作を覚えるので、ますます楽になっていきます。

なので、とにかく「簡単に塗布できるものを選ぶ」ということが重要です。

■効力が持続するものを選ぶ(頻繁につけなくていい)
上では「ステップ数」について書きましたが、もう一つ重要なのが「回数がそもそも少ない」ということです。いくらステップが少なくても、それを一日5回もやらないといけないとなると、人間はやはり面倒くさく感じます。

なので、出来るだけ長時間効果が持続し、一日の使用回数が少なくてすむ育毛剤を選ぶことが重要です。効果の持続時間というのは、育毛剤を購入する時、あまりチェックされない部分ですがこれもしっかり考えるようにしましょう。

このような部分に着目している育毛剤のメーカーというのは、人間が育毛剤の使用を継続するのに必要な要素というのをよく理解していて、顧客目線になって開発を出来ていると言えます。なので、成分などのその他の面でも、そのようなメーカーの提供する育毛剤は信用できると言えるでしょう。


自分に合った育毛剤を選ぶポイント

育毛剤もたくさんあってどれを選ぶか迷うところ・・・選んで購入しても自分の求めている育毛剤ではなければがっかりしますね。もちろん効力があるのが一番いいけれども、経済的に高いものもあれば、使用しにくい育毛剤だと続けることが苦痛になってきます。あなたにとって育毛剤を選ぶ時のポイントって何?あなたは育毛剤に何を求めますか?当サイトでは男性の育毛剤の選び方、選ぶポイントをご紹介します。自分に合う育毛剤を選ぼう!!

お勧めの育毛剤は⇒サントリーナノアクション

髪の悩みという言葉からイメージされるのは、男性ばかりとは限りません。

ただ男性の場合は薄毛という代表的な髪の悩みに集約されてしまい、きっと他にも存在するはずなのに、髪の悩みはすべて薄毛によって印象を薄められてしまうくらい強烈です!

だから現実にはアラフォー男性でも多毛症が悩みというケースもあり、さまぁ~ずの大竹一樹さんを始め、ロンドンブーツの田村淳さんも頭髪が多いのを苦痛に感じるそうです。

さらにイケメン俳優の向井理さんまでもが、頭髪が多いとスタイリングが大変だと発言されていましたが、それこそ贅沢な悩みとして片付けられてしまうのが現実でしょう!

 

さらに女性の髪の悩みとなれば多様化して、複雑な症状が伝わります。

まず女性で髪の悩みがないという人はいないのではないかと思われるくらい、あまり頭髪について満足する意見は聞いたことがありません。

しかし厳密に考えれば髪の悩みというより、理想の髪質やヘアスタイルに近づけたいという願望ではないでしょうか?

もし周囲に訴えたいのなら、もっと髪の悩みというのは深刻でないと伝わりにくいかもしれません。

しかも女性の場合は自分自身の素材を活かすというより、なぜか無い物ねだりをして、それを女心と強引に主張します。

だから無理なヘアケアが過度となり、髪の悩みとなる症状を自ら作り出してしまう可能性が考えられますよ!

それなのに女性は自然派や等身大という言葉を好み、わざとらしいものを徹底的に毛嫌いします。

好きなはずの自然派や等身大であれば、あるがままの状態を受け入れて、むしろ素材として頭髪の状態を活かす美容法が主張としては正当なはず!

その矛盾する心理から現実を無視して、理想とする髪質やヘアスタイルに幻想を抱き、必要以上のヘアケアをすることが悪循環を招くのかもしれません。

 

そして今や日本はグルメ大国でもありますから、健康作りを意識すれば食事から栄養バランスを整えることは可能な、豊かな時代になりました。

しかし髪の悩みは増加傾向にあるということは、本来の身体作りのメカニズムとは反比例するわけです。

つまり栄養価の高い食事を継続することは、一般的な生活水準でも充分に叶えられます。

それなのに髪の悩みは増加するとは、人体的な理論からすればおかしなこと、あくまでも自然の法則から考えれば髪質は向上するはず!

しかもヘアケア商品の品質まで年々上がるはずなのに、髪の悩みが尽きないというのは不思議な現象となりますよね!

その矛盾点を追求したところで、果たして髪の悩みを軽減できるのかも分からないのが現状で、さらに髪の悩みにしないことは大切でしょうね。

そうなると過度なヘアケアを始め、まず髪の悩みのとなる症状を知り、その原因を探ることは重要でしょう。

もしかしたら美容に良かれと毎日習慣にするヘアケアからも、髪の悩みの視点から見直せば、きっと対策としても役立ちそうです!